年金受給権者死亡届を提出する

「未支給年金請求書」と同時に提出しよう

年金を受給している人や、年金受給待機中の人が亡くなった場合は、市区町村または社会保険事務所へ「年金受給権者死亡届」を提出します。届出書の提出期限は設けられていませんが、提出が遅れると死亡後も年金が振り込まれてしまいます。そうなった場合、その年金を返還する手続きが必要となり、非常に煩雑です。

また、死亡した人に支払われる予定だった年金(未支給年金といいます)があるときは、遺族がその分の年金を受け取ることができます。受け取ることができる遺族の範囲は、死亡当時、死亡した人と同一生計であった配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹です。受け取ることができる順位もこの順番です。順位が高い人がいる場合には、順位の低い人は受け取ることができず、同じ順位の人が複数いる場合には、そのなかの誰か1人が代表して未支給の請求を行うことになります。

スポンサーリンク