葬儀を行い領収書を保存する

葬儀費用は相続財産から控除することができる

葬儀の費用を相続人が負担した場合には、相続税の計算上、相続時の債務と同様、相続財産 から控除することができます。「埋葬、火葬、納骨などの仮葬儀及び本葬儀の費用」「お布施(社会通念上相当と認められる金額)」「消耗品、雑費、お手伝いの方への心付けなど、葬儀の前後に生じた出費で通常葬儀に伴うと認められるもの」は、葬儀費用と認められるため、控除が可能です。

なお、領収書のないお布施(最近は領収書を出すお寺も増えています)や心付けなども、これらに当てはまれば、必要経費として認められます。支払い先・支払った金額・支払い日・支払い内容などをノートに記録しておきましょう。 一方、「香典返戻費用」「墓碑及び墓地の買入費用」「初七日の費用」「法会に要する費用」は葬儀の費用と認められず、控除することはできません。葬儀の際に受領する香典は非課税になります。香典帳に金額を記載して、葬儀費用と一緒に整理して、保存しておくようにしましょう。

スポンサーリンク