配偶者に遺産を全部相続させるには

遺産分割により配偶者に遺産を全部相続させる

相続人同士で自由意思による合意が得られていれば、相続分と異なる分割をすることは問題ありません。たとえば、以下のような遺産分割をすることも法律的には可能です。被相続人の配偶者と子が相続する場合で、残された配偶者に老後の不安を与えないために、一方の配偶者に全遺産を相続させることがあります。その後、配偶者が亡くなれば、子が相続することになります。

法律では、血族として直系卑属も直系尊属もいない場合は、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。しかし、兄弟姉妹には遺留分がありませんから、もし、被相続人が夫婦で築いた遺産を配偶者だけに残したいと思ったときは、その旨を遺言書に書けばよいのです。「相続させる」としっかり書くのがポイントです。そうすれば、兄弟姉妹は相続人でないことが明らかになり、配偶者だけが、相続登記手続きなどを進めることができます。

なお、血族に直系卑属や直系尊属がいる場合も基本的には同様ですが、後で遺留分減殺請求される可能性があります。対策としては、たとえば、住宅ローンなどの支払いの一部を配偶者の収入で賄っていた事実を明らかにするなどして、生前から資産の共有登記・登録をしておくという方法があります。また、生前に家庭裁判所の許可を得て、遺留分を放棄してもらう方法もあります。なお、配偶者以外のだれかに遺産を多く相続させたい場合も、ほぼ同様の方法で対応します。

スポンサーリンク