相続予定者が死亡しているときの相続人 (代襲相続権)

シェアする

相続人の子供へ相続権が引き継がれる

代襲相続とは、もともと相続人となるべきだった者(推定相続人)が、被相続人が死亡する以前にすでに死亡していたなどの理由によって、その子供などが相続人になることをいいます。例えば、父が亡くなったとき、本来相続人になるはずの子がすでに亡くなっている場合、孫が子に代わって相続人になります。このとき、子を被代襲者、孫を代襲相続人といいます。子がすでに死亡しているため、孫が代襲相続により相続人となります。推定相続人が、以下のいずれかに該当する場合、代襲相続が発生します。

イ、相続開始以前に死亡していること

ロ、相続欠格事由に該当していること
※欠格事由とは、被相続人らに対する生命侵害行為や、遺言に対する妨害行為などがあった場合、相続人の資格を失うこと。

ハ、推定相続人の廃除が確定していること
※廃除とは、被相続人に対して虐待や非行などをした推定相続人の資格を、被相続人の意思により奪うこと。

なお、相続放棄は、代襲相続の発生要因とはなりません。相続人が相続の権利を放棄しているので、その子に代襲相続する権利はありません。子が代襲相続の原因に該当する場合には、孫が代襲相続人となり、孫も代襲相続の原因に該当する場合には、曾孫が代襲相続人になります(これを再代襲といいます)。

このように被相続人の子の代襲相続権には、何代先までという制限はなく、相続がなされるまでつづきます。相続人が兄弟姉妹の場合、そのうちの誰かが代襲相続の原因に該当するときは、その子が代襲相続人となります。ただし、子に関しては代襲相続が続きますが、兄弟姉妹が相続人となる場合の代襲相続人には制限があります。代襲相続人になれるのは被代襲者の子(被相続人の甥姪)までであり、甥姪の子への代襲相続(再代襲)は認められていません。

代襲相続分は相続分と同額

この代襲相続人の相続分ですが、代襲相続人は、もともと相続人となるべきだった者の相続分を引き継ぎます。代襲相続人には相続人と同様の権利が与えられているため、本来の相続人が得られるべき相続分が削られるといった不利益が生じることは、一切ありません。代襲相続人が複数いるときは、各代襲相続人の相続分は均分になります。

代襲相続人の相続分
法定相続人 法定相続分
1/2
長男 1/2 × 1/2 = 1/4
孫A 1/2 × 1/2 × 1/2 = 1/8
孫B 1/2 × 1/2 × 1/2 = 1/8
スポンサーリンク