寄与分とは

寄与分とは

相続人には相続分のほかに寄与分という取り分があり、相続分に加えられることがあります。これは、被相続人の財産の維持または増加に特別の寄与をした人に対して、本来の相続分とは別に、その寄与分 を相続財産の中から別に取得できるようにする制度です。

寄与として認められるのは、財産の形成などに特別に貢献した場合に限られます。寄与の方法は、①被相続人の事業への労働力の提供や財産の給付、②被相続人の療養看護、③その他の方法があります。 特別に貢献した場合ですから、妻としての貢献や親孝行などは、特別とは認められず、寄与分制度の対象とはなりません。

また、寄与分は相続人についてだけ認められる制度ですから相続人でない人には、寄与分は認められません。ただし、相続人がいない場合、貢献者が特別縁故者として、家庭裁判所の審判により、遺産の一部または全部の取得を認められることがあります。

寄与分の算出方法

寄与分の算出方法は、まず遺産の総額から寄与分を差し引いた相続財産を決定して、次にそれぞれの相続分で分け、寄与分は貢献した人に与えます。たとえば、妻と長男、次男、長女の4人が相続人で、相続財産が2000万円、長男の寄与分か200万円のケースで考えてみましょう。

  • 相続財産……2000万円-200万円=1800万円
  • 妻の相続分 ……1800万円×2分の1=900万円
  • 長女の相続分……(1800万円-900万円)×3分の1=300万円
  • 次男の相続分……(1800万円-900万円)×3分の1=300万円
  • 長男の相続分……300万円(本来の相続分)+200万円(寄与分)=500万円

この寄与分の額については、前述した特別受益のように目安になるものがないため、算定するのは容易ではありませんが、基本的には相続人同士の協議で決めます。ただし、協議がととのわないときや、協議ができないときは、寄与者が家庭裁判所に調停・審判の申立を行って決めてもらいます。なお、寄与分の割合にとくに定めはありませんが、遺贈の価額を控除した額を超えることはできません。

スポンサーリンク