示談による損害賠償金の請求の手続き

損害賠償金の支払いはどう受けるか?

示談が成立したら、保険金等の請求をすることになります。これは、傷害事故の場合で損害額が120万円以下(後遺障害がある場合には第1級の常時介護が必要な場合で4000万円)、死亡事故では3000万円以下の場合には、強制保険の請求をすることになります。損害額が右の金額を超える場合には、加害者が任意保険に加入している場合は、その任意保険から支払われるということになります。なお、損害額が任意保険の填補限度を超えている場合には、加害者本人(運行供用者の場合もある)が支払うことになります。以上が示談後の金銭授受の流れですが、保険会社への請求は別として、加害者本人(他の運行供用者も含む)から直接支払ってもらう場合は、示談時の一括払いが望ましいでしょう。どうしても月割の支払いにするときはその支払いを確保をする意味で、示談の内容を公正証書にするなどの方策を立てておく必要があります。なお、加害車両が強制保険に加入していない(無保険車)、あるいは轢き逃げ、泥棒運転で車の持ち主に責任を問えない場合には、政府保障事業に請求ができます。これはどこの損害保険会社、JA共済等の自賠責共済を扱う協同組合でも手続きができます。

スポンサーリンク