保険会社は必ず過失相殺を主張してくる

シェアする

強制保険では重過失があった場合だけ過失相殺がなされる

自動車保険には、車の所有者が必ず加入を義務づけられている強制保険(自賠責保険)と任意保険があることは、前にも述べたとおりです。過失相殺は、このいずれの保険の場合にも行われます。ただ、強制保険は被害者保護の見地から設けられた保険であること、査定が原則として書面審査(現場調査などをしない)だけで処理されることから、過失相殺の適用については、被害者に重大な過失がある場合に限られています。強制保険についての過失相殺は、死亡事故の場合には、被害者の過失の程度に応じて、20%、30%、50%の 3段階の減額率に限定し、また傷害事故の場合には、20%の減額率だけとしています。被害者が強制保険で重過失ありと認定されるのは、①信号無視の横断をしていた場合、②道路標識等で横断が禁止されている場所での横断をしていた場合、③泥酔等で道路上に寝ていた場合、④信号を無視し交差点に進入し衝突した場合、⑤センターラインを越えて衝突した場合等です。

任意保険では全部の損害について過失相殺をしてくる

これに対して任意保険では、重過失の場合は当然ですが、普通の過失(軽過失)の場合でも過失相殺をして、減額します。また、減額する率も強制保険のように決められておらず、日弁連交通事故相談センターが発行している「交通事故損害額算定基準(20訂版)」などの過失割合認定基準表によって過失割合を出し、それに従って減額します。任意保険による過失相殺の方法は、まず被害者の全部の損害(総損害)を算出し、この総損害に過失割合を掛けて減額します。そして、その額から強制保険で支払われた保険金額を控除して、残額部分が任意保険から支払われます。もちろん、残額がなければ保険会社は一銭も払ってくれません。こう見てくると、強制保険では普通の過失の場合は過失相殺しないのに、任意保険では強制保険で支払われる部分についても過失相殺されることになり、いかにも不合理です。しかし、現段階では、このように取り扱われていますので、制度の改正を望むしか方法はありません。過失の割合率など、保険会社の提示してくるものに納得がいかなければ、弁護士などの専門家に相談してみることです。地方裁判所の判例ですが、過失相殺を強制保険の部分には適用しないとする判例もあります。

スポンサーリンク