婚姻を継続しがたい重大な事由のケース

シェアする

愛情が冷め元の夫婦関係に戻れないことが要件となる

離婚訴訟では「不貞」「悪意の遺棄」「生死3年以上不明」「精神病」という個々の事由があれば離婚を求めることができますが、実務で訴状を書くとき は、それらの個々の事情を書く他に「それらの事情がある結果、あるいは他の諸事情も加えた結果、よって婚姻を継続しがたい重大な事由があるので離婚を求め る」という一文を追加するのがほとんどです。「婚姻を継続しがたい重大な事由」の内容は広く、特定されていないと言えます。性格の不一致、信仰の違い、暴 力や暴言、配偶者の親族からのいじめ、などいろいろな場合がありえます。それらの事情の結果、もはや夫婦として円満な関係を維持することが困難な状態に なっていれば、この離婚事由に当たることになります。きっかけはささいなことであっても、愛情が冷めてしまった状態が1年も2年も続けばなかなか壊れた夫 婦関係を修復できないのが夫婦です。とにかく夫婦というのはだめになるとだめなもので、子どもがいようといまいと、なかなか元の円満な関係には戻れませ ん。 裁判官からすると、こんなささいなことで離婚を認めるのはいかがなものかと思っても、愛情の冷めた状態が何年も続いていれば、元に戻るのは困難なこ とはわかっていますから、夫婦が円満に家庭を維持することができなければ離婚を認めない判決を出してもあまり意味がありません。

離婚原因を作った側(有責配偶者)からの離婚の請求だと認められないケースが多い

したがって有責配偶者からの離婚請求を除き、もう何年も愛情が冷めた状態が続いているし離婚訴訟では相手を罵り合っている、この婚姻は客観的に見れ ば破 綻していて継続させても無意味だというような事例では「婚姻を継続しがたい重大な事由」の中身はささいなことであっても、離婚を認める方向に行きます。 もっとも本当にあまりにもささいなことであれば、他方の配偶者からは「悪意の遺棄」をされたと言われる可能性もあります。ある日突然、妻が夫の顔を見る のも嫌悪感を覚えるようになったという映画「ローズ家の戦争」のような例が実際にあるかどうかは知りませんが、それだけのことで妻が家事を放棄したりす れば、悪意の遺棄になる可能性はあります。実際には、双方ともに何らかの原因があるのがほとんどです。突然嫌悪感を抱きました、と言えば単なる妻のわが ままと言われかねません。しかしそれまでに夫が、妻の自主性や自由な行動をそれとなく制限し続けていたのかもしれません。心底では妻を小馬鹿にしていた のかもしれません。そのような事情をあげることができれば妻の側からも「婚姻を継続しがたい重大な事由」があった言うことができます。

スポンサーリンク