旧姓に戻って子供同じ戸籍に入れよう

シェアする

親権者であっても同じ姓を名乗るには家庭裁判所の審判が必要

田中さん(女性)が離婚して夫(鈴木さん)の戸籍に入り、子供が一人生まれて三歳になりましたが、離婚したとします。離婚により、夫の戸籍には夫と 子供が残り、妻は婚姻前の戸籍(父親の戸籍など)に戻るか、別に新しい戸籍を作ることになります。婚姻中鈴木と名乗っていた妻は離婚により田中に戻ること にしたのですが、子供は夫の戸籍に残ったままであり、当然には母と一緒に母の戸籍に載ることはありません。もし、田中に戻った母が子供の氏を自分と同じに して自分の戸籍に入れたい場合は、親権者となっていれば家庭裁判所に「この氏の変更許可の審判」の申立てをすることができます。この審判は、母が離婚後の 自分の戸籍謄本(全部事項証明書)と元の夫の戸籍謄本を添えて家庭裁判所に申立てをすれば、ほとんどその日のうちに迅速に処理されます。双方の戸籍謄本を 見れば、離婚したこと、母が親権者になっていること、子が父の戸籍に残っていることが明白だからです。しかし、母が親権者になっていない場合には母の側か らこの審判の申立てをすることはできません。親権者である父の側からこの審判申立てをしてもらうか、あるいは「親権者変更の審判申立」をしてその許可を得 てから、さらに先と同じように「子の氏の変更許可の審判申立」をすることになります。もっとも、子が15歳以上になれば、親権者でなく子自身が「氏の変更 許可の審判申立」をすることができますから、母が親権者でなくとも関係ありません。

離婚後も結婚中の姓を名乗る場合には子供の籍はどうなるか

ところで、この「子の氏の変更許可の審判」は、もし田中さんが離婚によって復氏せず鈴木という婚姻中の氏を続けて用いる場合にも必要となります。つ まり、田中さんが離婚し、鈴木という姓を続けて称することにした場合、新しく自分だけの戸籍となりますが、子は元の夫の戸籍に残っています。この場合に も、母は子の氏を「鈴木」から「鈴木」に変更してほしいという許可審判の申立てをしなければなりません。子は父の戸籍上で「鈴木」であっても、母の戸籍上 での「鈴木」ではないので、家庭裁判所の許可を得て初めて母の戸籍に入ることができるのです。また、このようにして母と同じ氏に改めた子が未成年者であっ たときは、成年になったときから1年以内に市区町村役場に届出をすれば元の氏に戻ることができます。つまり田中に戻っていた子は鈴木に戻ることができ、あ るいは母の戸籍の「鈴木」となっていた子は父の戸籍の「鈴木」に戻ることができます。

スポンサーリンク