不貞が原因の離婚なら慰謝料を請求できる

離婚の慰謝料は常に夫が支払うものとはかぎらない

離婚するからといって、夫が妻に必ず慰謝料を支払うわけではありません。慰謝料というのは、精神的損害に対する損害賠償のことであり、加害者つまり 損害を与えた者が被害者に対して支払うお詫び料だからです。妻の不貞により婚姻が破綻されたのならば、妻が不貞という違法行為をしたため離婚という結果を 招いたのであり、夫に精神的損害を与えた妻が慰謝料を支払うべきです。ただし、こんな例もあります。夫が暴力をふるう人物で、しかも無神経な性質で仕事に ついても気まぐれ、生活費も入れたり入れなかったりでした。事実上すでに婚姻は破たんしていました。妻はパートに働きに出て、同情してくれる男性に出会 い、夫に対してはすでに(夫の態度が原因で)愛情を失っていたので不貞の関係になったのでした。その不貞が表面化して離婚事件となったのです。夫から申し 立てられた離婚訴訟の離婚原因は妻の不貞です。しかしこの訴訟では妻に慰謝料を支払わせる判決は出ませんでした。離婚訴訟では法定の離婚原因があっても婚 姻生活の一切の事情を斟酌して離婚判決を出さないことがあります。しかしこの事件では離婚判決は出ました。婚姻が破綻していることが明らかであったからで す。この訴訟の審理で、離婚原因の出発点はむしろ夫の側にあり、妻の不貞の前に夫の行為により婚姻が破綻していたことが明らかになったため、妻の不貞は婚 姻破綻の原因にはなっていないとされ、つまり妻の行為により婚姻が破壊され夫に精神的損害を与えたのではないという理由で、妻の慰謝料支払義務はなしとさ れたのです(妻の側は夫に対して慰謝料は請求しませんでしたが、請求していればどうなったか分りません)。

慰謝料は婚姻を破綻させた原因を作った側に支払い責任がある

このようにどちらが悪いかということは、事件ごとに異なるのであり、一概に断定することはできないのです。夫には婚姻の破綻に至る落ち度はなく、 もっぱら妻の不貞が原因で離婚となったのであれば、妻の行為により離婚が生じたのであり、その結果、夫は妻に対し慰謝料を請求することができます。ただ し、このことは財産分与については影響しません。離婚による財産分与は、名義がどちらになっているにせよ、婚姻中の夫婦の協力により作られた実質的な共有 財産を離婚に伴い分割するものです。したがって共有の割合を考慮して分与されるもので、離婚原因により左右されるものではないからです。

スポンサーリンク