離婚で戸籍はこう変わる

シェアする

離婚をすると戸籍筆頭者でない配偶者は抹消される

離婚すると戸籍はどうなるのでしょうか。鈴木さん(夫)と田中さん(妻)が、夫の鈴木という氏を称する婚姻をした後、協議離婚をした場合を考えてみ ましょう。夫の戸籍には夫の欄に「年月日妻花子と協議離婚届出」と記載され、妻の欄に「年月日夫太郎と協議離婚届出同日戸籍法 77条ノ2ノ届出 ※県 ※市に新戸籍編成につき除籍」と記載され、妻の名前がばバツ印により抹消されます。この戸籍法77条ノ2の届出というのは、「離婚の際に称していた氏を称 する届出」のことです。そして妻については右に記載された本籍地に妻だけの単独の新戸籍が編成されます。もし、「離婚の際に称していた氏を称する届出」を していなければ、妻は婚姻前の父の戸籍などに戻るか、復氏した上での単独の新戸籍を作ることになります。前者の場合には、妻の欄に、「※市山田 ※戸籍に入籍につき除籍」と記載され、後者の場合には「※県※市 に新戸籍編成につき除籍」と記載されます。このように離婚した後の夫の戸籍、妻の戸籍 (新戸籍編成の場合も含む)には、それぞれ離婚した旨の身分事項が記載されます。氏についてもう少し説明しましょう。離婚によって氏を改めた配偶者は、離 婚により婚姻前の氏に戻るのが原則ですが、離婚成立の日から3カ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届出」をすれば、婚姻中の氏を称することができ ることは前にも触れたとおりです。離婚届の用紙には、離婚により婚姻前の氏に戻る場合と、今後も離婚の際(つまり婚姻中の氏)氏を称する場合とに 分けられており、後者は別の届書を提出する必要があることが記載してあります。

「離婚の際に称していた氏を称する届出」に特別な理由はいらない

「離婚の際に称していた氏を称する届出」は、離婚の際の氏を称したいとする本人だけの署名押印で足ります。離婚後も婚姻中の氏を称したいということ については、何ら理由は必要ありません。届出だけでよいのです。離婚した相手配偶者が離婚したのに自分の氏を続けて称するのが気に入らないという人もいま すが、だからと言って阻止することはできません。もし、離婚で復氏(旧姓に戻る)したのに離婚のときから 3カ月以内に右の手続きをしなかった場合には、例えばこの制度を知らなかったとか、しばらく経ってから引き取った子供の学校のことなどでやはり婚姻中の氏 を称したいという場合には、家庭裁判所で「氏の変更の許可の家事審判」の申し立てをしなければなりません。この審判は、離婚の場合に復氏した場合に限ら ず、長年戸籍上と異なる氏を使用してきた場合であるとか珍奇な性を変更したいなどという場合などに適用される制度であり、やむを得ない理由がないと簡単に は許可されません。