離婚する前にこれだけはしておこう

離婚する前にこれだけはしておこう

離婚したいけれど、どう進めてよいのかわからないという人もいるでしょう。本来、法は家庭にはいらつという方法があるように、家庭内で起こる問題に ついては、できるだけ当事者に任せ、法律がタッチするのは最終的な場面に限るというのが、まだ国の法律の建前です。ですから、離婚も、まず当事者の間で話 し合いをし、もちろん、仲人や友人を間に入れるなどしてもよいのですが、離婚についての話しがまとまれば、離婚する理由のいかんを問わず、離婚することが できます。このような離婚の方法を、協議離婚といい、実際に離婚する人の9割以上が協議離婚によっています。あとは、市役所や町村役場から、離婚届の養子 をもらってきて、所定の事項を記載し、署名、押印して、窓口に提出すれば離婚は成立します。

夫婦のどちらか一方が、離婚に反対したり、あるいは離婚はしてもよいが、財産分与、慰謝料、養育費などの金銭問題、あるいは子供の親権をどちらにす るかなどの離婚条件について反対しているときには、どうすればよいのでしょうか。離婚の場合には、いきなり裁判所に訴訟を起こすことはできません。訴訟を 起こしたい場合には、まず家庭裁判所で、離婚の調停をしなければならないことになっています。これを調停全治主義といっています。家庭裁判所では、調停委 員を交えて話し合いが行われ、ここで離婚の話し合いがまとまればありこんできます。これを調停離婚といいます。離婚調停中に、調停はまとまらず、調停委員 が裁判に回した方がよいと判断した場合、あるいは離婚自体には応じるが、金銭の問題の話し合いがつかないときには、家庭裁判所で審判をしてもらうことにな ります。信販は家庭裁判所のくだすもので、話し合いを行うわけではありません。これによる離婚を侵犯離婚といいます。調停がまとまらず、また審判に納得が いかなければ、裁判所に離婚訴訟を起こして離婚の請求をすることになります。ただし、この場合にはあとで述べる法定の離婚原因がなければなりません。民放 770所を一行。これが裁判離婚です。離婚裁判の間で、裁判官が和解を勧めます。ここで合意できれば和解調書が作成され離婚が成立します。これが和解離婚 です。

スポンサーリンク