相手に悪意の遺棄があれば離婚できる

シェアする

夫婦の同居義務違反や扶助義務違反があれば悪意の遺棄となる

夫婦は一緒に住み家計を共通にして互いに協力して助け合って生活するのが普通です。これを法律用語では「同居義務」と「扶助義務」を負っていると言います。「悪意」という言葉はちょっと変な印象ですが、この「同居義務」と「扶助義務」に違反することを意味し、それ以上に相手を苦しめようとする意思などを意味するのではありません。同居義務に違反することが悪意の遺棄ですから、夫が理由がないのにアパートを借りて暮らしている、家庭にほとんど帰らず衣類を取りに戻ってくるくらいで顔を合わせたとしても夫婦としての絆を維持する意思がないという場合には、生活費だけは渡していたとしてもこれにあたります。逆に夫がここは俺の家だ、という態度で、同居はしているけれど生活費を妻に渡さない、というような場合も、扶助義務に違反していますから悪意の遺棄に当たることになります。配偶者の暴力や酒乱を避けるために家を出た場合はどうでしょうか。同居できないのは出て行った者の責任ではありませんから同居義務に違反したことになりません。同様に配偶者の不貞などが原因で同じ家で顔を合わせるのも苦痛な状態となり、離婚を求めるために別居したような場合には、すでに婚姻の継続を前提とした同居義務がなくなっていると考えられますから、出て行った側に同居義務違反はないと言えます。また単身赴任あるいは出稼ぎのために別居している場合には正当な理由があって同居していないのですから、同居義務に違反したことになりません。

妻の家事の放棄は扶助義務違反となり離婚事由となるか

ところで妻が家事を放棄したというのが扶助義務に違反するでしょうか。夫が生活費のほとんどを得て妻が専業主婦であったり、パート的職業を持っているだけの場合には、やはり時間の余裕のある妻が家事をするという前提でしょうから、家事の放棄は扶助義務に違反していると言えますが、夫婦がそれぞれ仕事を持ち拘束される時間が対等であれば、妻だから家事をすべきとは言えません。夫が家事に協力しないこと、共同で分担しないことがむしろ扶助義務に違反していることになります。夫が生活費を稼ぎ妻は主婦という場合に、夫が最低限必要な分だけ、例えば水道光熱費いくら、米代いくらという計算でのみ渡す、言い換えれば妻を信頼していない場合は、悪意の遺棄になるのかという問題です。また、夫婦共稼ぎであるのに一方に家事育児の負担がかかり過ぎる、他方はさぼって逃げているのが悪意の遺棄になるのかなど、いろいろな事例があります。離婚を認めるかどうかは、悪意の遺棄だけでなく、「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるかどうかという面からも考えられます。結局ケース・バイ・ケースで判断されるということです。

離婚原因の「悪意の遺棄」の悪意とは

夫婦間の同居・扶助義務を果たさないのが「遺棄」で、「悪意」とは、遺棄すればうまくやっていけなくなるということが分かっているだけでなく、そうなってもかまわないという不誠実な心理、態度をいいます。したがって、生活のため出稼ぎをするとか、単身赴任、また、夫または妻あるいはその親族から同居に耐えられないほどの暴力、虐待、侮辱を受けたためやむなく実家に戻ったという場合も悪意の遺棄になることはありません。正当な理由なく別居すれば、悪意の遺棄になりますが、別居期間がどのくらいかという尺度はありません。